2006年10月30日

スクリーンショットと著作権

無断転載被害についての証拠とするため、私はスクリーンショットを取ることをオススメしています。これは、無断転載に限らず、荒らしでも何でもあらゆるネットトラブルにおいて有効であると思います。

スクリーンショットは改変が可能なので、大した証拠能力を持ちません。HTMLファイルも同じです。裁判など本格的な場所で証拠を示すには、サーバー管理会社からログを提示してもらうしかありません。
しかし、事情を他者に説明するとき、またサーバー管理会社からログを提示してもらうときのことを考えると、ないよりはあった方がいいです。そう、いうなれば「証拠(仮)」のようなものです。


さて、話を元に戻しまして。
そのスクリーンショット撮影の際、忘れてはならないのは、「スクリーンショットで撮影する対象は、人の著作物である」ということです。

そこで考えてみたいのですが、これらスクリーンショットを撮る行為、さらにそれを第三者に開示する行為について、著作権法上どのような問題があるのでしょうか? 私たちは何に気をつけなければならないのでしょうか?


ここでは、いくつかのQ&A方式で解説をしようと思います。


■Q1.
スクリーンショットを撮ること自体は、著作権侵害になりますか?


いいえ。著作権侵害にはなりません。

スクリーンショットをとることは、「著作物の複製」となります。
しかし、スクリーンショットを撮って自分のパソコンに保存する、この段階では「私的使用のためのコピー」(第30条)と解釈することができるため、著作者に了解をとる必要はありません。

ただし、この私的利用の範囲を超える場合は、著作者の了解が必要です。
ネット上にアップロードする行為も、複製(公衆送信)とみなされますので、著作者の了解が必要です。(例え、誰かにアドレスを教えていない、閲覧者がゼロであっても、アップロードした時点で著作権侵害行為となります)


■Q2.
無断転載現場のスクリーンショットを、サイトに載せる予定です。
被害者さんの情報を募ったり、被害者さんに分かりやすく現場の様子を伝えるためのものにしたいのですが、事前に了解が得られない場合は、これも著作権侵害でしょうか?


あなたの考え方次第です。

原則として、著作物の複製許可は事前に得るのが理想ではありますが、このように事前に了解を得ることが困難な場合もあります。
また、このスクリーンショット掲載行為は著作者の利益を図るものであり、著作者からの了解を得ることができる可能性は極めて高いと考えられます。
このような判断は法的に下されるものではありませんが、一般常識に基づく感覚として「事後であっても著作者の意向に背くことはないだろう」と考えることができます。

つまりは、「事後了解でも大丈夫だろう」という考えのもと、これらの行為を著作権侵害ではない、と判断しているわけです。
しかしながら、これらは絶対ではありません。なので、著作権侵害であるか侵害ではないかの判断は、自分自身で判断し、自分で責任を負わねばなりません。


■Q3.
無断転載現場のスクリーンショットを、サイトに載せる予定です。
転載日や転載者、転載サイトの様子などを沿えて、現場の様子を分かりやすくまとめて人に伝えたいと思っているのですが、著作者の了解は必要でしょうか?


掲載の仕方によっては、引用とみなすことができます。
なので、著作者の了解は必ずしも必要ではありません。

引用とは、自分の著作物の中に「添える」目的で、他人の著作物を使うことを指します。あくまでも自分の著作物が「主」であり、そこに含まれる他人の著作物のみで構成されてはいけません。

引用の定義について、著作権法(第32条第1項)には以下のように定められています。
(1)主従関係が明確であること
(2)引用部分がカギ括弧などで明確になっていること
(3)引用する必要性があること(装飾性などは対象外)
(4)引用部の出所を明示すること(表示しない場合は罰則が科せられます)

これらの条件に適合する場合は、転載ではなく「引用」として、著作者の了解を得ずに著作物を利用することができます。
ただし、自分がしようとしている行為が本当に「引用」としての条件に合致するかどうかの判断については、自分で責任を負わなければなりませんのでご注意を。


■Q4.
警察に、無断転載事件を告発するつもりです。
あらかじめ撮ってある無断転載現場のスクリーンショットを、証拠として警察の方に見せようと思っているのですが、これも第三者への開示ということで、私的利用の範囲を超えますよね?
著作者の了解を得なければ、著作権侵害となってしまうのでしょうか? 中には、加害者の発言を含むスクリーンショットもあるのですが。


いいえ。著作権侵害にはなりません。

理由は、それを見せようとしている人は限られた人数の警察官だから。
つまり、「公衆」「不特定多数の人」に見せようとしているわけではないので私的使用の範囲から外れない、ということです。

また、著作権法第42条に定められている「『立法』『司法』『行政』のための内部資料としてのコピー」としての例外事項が適用されます。警察の捜査は「行政」の範疇にあるそうです。



もし他に質問などあればお寄せください。
posted by 世梨子 at 19:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

無断転載への対策事例

とある無断転載事件についての対処経験公開サイトをご紹介します。

某極小規模サイトで起こった無断転載の話 (陵しえる様)
http://silver-werewolf.hp.infoseek.co.jp/temp/ihan/

陵しえる様はオリジナル絵中心のイラストサイトを運営されています。
この件では陵しえる様を含めた複数人の方の作品が、加害者である「光星 綺羅璃」氏の姉の作品として無断転載されました。

(「盗作」「作者詐称」という表現を陵様は使われていませんが、作者詐称とは「著作者の名前を偽って著作物を頒布する」ことですから、私はこれを作者詐称行為であると考えています。)

興味深いのは、被害者である陵様がこの件を警察に通報している点です。
ただの警告のみに終わったようですが、相手が未成年であろう点も含めて、加害者である少女は保護者から厳重な注意をされたであろうことが推測できます。

私も幾分か、自分のサイトとブログに警察への通報方法について記していますが、あくまでも第三者としてのコメントしかできていませんでした。陵様の顛末サイトは、実際に被害を受けた著作者本人がいかに行動するかについて、非常に参考になると思います。
posted by 世梨子 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

尊敬サイトさま

そういえば、一度も話題にしたことがなかったと思います。
今回は、自分の尊敬するサイトさんの話を。

私の趣味はネットサーフィンでして、お気に入りサイトというのも数多くあります。
大好きな絵師さん作家さんもたくさんいらっしゃるんですが、ここで挙げるのはその手の方々、つまりクリエーターさんではありません。
私と同じジャンルにいらっしゃる方、私の目指す道の先を走ってらっしゃる「尊敬する方」について、です。

同じジャンル・・・・・・私のようなジャンルを何というのでしょうか?
マナーサイト? HOWTOサイト? 
評論とか分析とか、そういう風に言えば伝わるでしょうか。


まずは、続きを読む
posted by 世梨子 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

また一見お休み状態

私に見られる特有の手口というものに、「直接的なURL公開はしないけど、謝罪なく閉鎖したブログについてはその範囲外」というものがあります。しかし、彼女の場合はどうなんでしょうね。また閉鎖?というか、ブログの放置状態になりました。これで3つ目でしょうか。
でも、私としては彼女がきちんと画像を削除しているから、まずまず満足です。二次配布される可能性が低くなりますし、おそらくこの状態のブログについては、被害者さんも放置すると思うので。
ただ、プロフィール画像をどうにかしてほしいな。貴女はオレンジの人ではないんだから。
posted by 世梨子 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | JOCOSO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

お絵かき掲示板からの盗作

パクられ画像の情報交換掲示板のパクまとめページについて更新しました。

K(仮名)の作品についての情報をちらほら頂くのですが、作者の名前が分かっても連絡先が分からないので連絡ができない・・という事態になっています。連絡くださる方には本当に申し訳ないです。
とはいえ、普通お絵かき掲示板に絵を投稿される方は、メールアドレスもサイトURLも残されていきませんよね。いえ、サイトもっていない方が利用するケースだってあるんですから。
そういう意味で、本当にお絵かき掲示板って厄介です。

私はお絵かき掲示板から絵を盗んでいく人の気持ちが、どうにも理解できません。人と人が、絵を通じて交流しあっている、そこからはたくさんの絵描きさんの心が伝わってきます。ただ絵が掲載されているだけのページではないんです。そこに紛れもなく「人間がいる」ということが、痛いほどに伝わってくる。それがお絵かき掲示板ではありませんか? そんな場所から、どうして・・・・・・?

Kさんの件は、去年の夏に一段落しました。この事件の続きはもうないでしょう。
でも結局、彼女がどうしてお絵かき掲示板から絵を持っていったのか、私にとっては何一つ納得できないままです。
posted by 世梨子 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 別サイト:パクられ掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

JOCOSOの某方へ

画像を1000枚載せているとか6000枚載せていたとか。
訪問者数が何件あったとか、あの人よりも多かったとか。

そんなことを自分のブログの価値を決めるものだと考えて、
ただひたすらに他人が描いたイラストを転載し続ける。

彼女にいわせれば、それは「JOCOSOのみんなにステキな絵を知ってもらう」ための手段だそうです。
全ては、「みんなを楽しませたい」という純粋な思いからの行為だそうです。

質問させてください。
どうしてそれらのイラストを、自分のブログに載せる必要があったのですか? 
イラストを描いた人のサイトにリンクを貼れば、それだけで済んだはずなのに。
なぜ、「無断転載禁止」と明記されているサイトのイラストを転載するのですか?


あなたが載せているイラストは、私が知っているいくつかのサイトさんの作品です。
私は、あの方々が自作品の無断転載を快く思っていないことを知っています。
その末に、自分のサイトのギャラリーを閉鎖した方がいることも知っています。





想像してください。

あなたが一枚のイラストを描きました。とてもステキなイラストを描きました。
私が、そのイラストを私のブログに、書き手であるあなたに無断で転載したとします。

私は、多くの人から賞賛の声を受けました。
「ステキな絵ですね」「このイラスト、私のブログに載せたいです」「絵を描くのがお上手ですね」

私は賞賛の声にこう答えます。
「ありがとう、また来てね」「自由に持って行っていいよ」「楽しんでもらえて嬉しいです」


・・・さあ、あなたは何を思いますか?





あなたは、著作権について独自の解釈をされているようですね。
誠に結構なことですが、以下のような発言は、日本における現行の
著作権法に照らしても、あまりにも問題が多いものと思われます。

「このブログに掲載されている画像の著作権は、JOCOSOの皆さんにあります。楽しんでってね♪」

著作権とは、その作品を「創作した」人が持つ私権(人権)です。
作品を「掲載した」人が持つものではありませんし、ましてや投稿されたネットコミュニティ
の利用ユーザーに、自動的に権利委譲されるものでもありません。
(規約に何が書いてあろうが、日本の法律の方が強い効力を持つことをご理解ください)

素人が法律を語ることを、私は悪とは考えません。
人は誰しも過ちを犯すものですし、それは他ならぬ私自身にも同じことだと思います。

まだプロバイダから警告がきただけでしょう?
あなたには、まだチャンスがあります。時間があります。

「過ちて改めざる、これを過ちと謂う」

この言葉の意味をご存知ですか?
間違いを認めず、それを改めないことこそが、本当の「間違い」であるという意味です。






著作者の権利を侵害してでも、JOCOSOユーザーの皆さんを楽しませることを優先させたいとお考えなのでしょうか?
先にも申し上げましたが、著作権とは「世界人権規約」にも定められている、れっきとした人権のひとつです。
あなたは、他人の人権を侵害しているのです。
それでもなお、同じことを考えますか?


あるサイトに、とてもよい例え話があったのでご紹介します。

心優しい人がいました。
この人は、身寄りのない老人に、お弁当を作って無料で配ろうと考えました。
しかし、無料でお弁当の材料を調達することはできません。

では、この人はお弁当の材料を、スーパーから万引きしてもいいでしょうか?
周囲の畑から、勝手に盗んでもいいのでしょうか?



答えはNOです。
いくら他人を喜ばしたい、社会的に有意義なことをしたいと思っても、
他人のものを盗むことは許されません。
そんなことをしても、人は喜んではくれません。

実に明確で、簡単なことです。誰の前にも、結論は明白です。





もしかすると、「イラストはいくらでもコピーできるじゃないか」とあなたは思われているかもしれませんね。
確かにそのとおりです。イラストはコピーできます。なくなるものでも、劣化するものでもありません。

でも、私は自分のイラストが無断転載されたら悲しく思います。
自分の知らない人が、勝手に自分のイラストを持って言ったら不愉快に思います。
また、私が作ったキャラクターが、頭と体とを切り離されて合成されたらショックを受けます。
全ての人がそうであるわけではありません。でも、私と同じように感じる人もいるのです。







イラストを、描いてみてはいただけませんか? 

あなたが普段自分のブログに転載しているイラストと、同じくらいのレベルのイラストを。


何時間かかると思いますか?何日かかると思いますか?







あなたが転載しているイラストの作者さんに、聞いてみてください。
今のレベルのイラストがかけるようになるまで、どれくらいかかりましたか?、と。


答えは決して、何時間・何日のレベルで語られるものではないでしょう。
ええ、きっと三年、五年、あるいは十数年という答えが返ってくるはずです。


著作権とは、創作者がもつ権利です。無から有を生み出した人たちが持つものです。
正当な努力と労働をした人の財産を守るためにあり、人格を守るためにあるものです。
お願いですから、決して軽々しく扱わないでほしいのです。


あなたにはあなたなりの考えがあるのでしょう。
私はそれに賛同することはできません、しかしあなたがそういう意見を持っている事実は認めます。
「JOCOSOのみんなを喜ばせたい」というあなたの気持ちを、とても尊いものだと思います。
しかし、同時に多くの人を悲しませているあなたの行為に賛同することはできません。

同様に、あなたも私の考えに100%賛同してはくれないと思います。
ですが、それでもかまいません。
せめて、私がこのような意見を持っているということ、
そしてあなたによって権利侵害されている絵描きさんの中に
私と同じような意見を持っている方がいるということ・・・・・・
これらの事実をどうか認めていただきたいのです。


ここまで読んでくださってありがとうございました。
posted by 世梨子 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | JOCOSO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

「画像交換」で検索

「画像交換」で検索してみました。

CURURUのサークルの場合
http://circle.cururu.jp/search.nhn/circle_kw%E7%94%BB%E5%83%8F%E4%BA%A4%E6%8F%9B

JOCOSOのグループの場合
http://www.jocoso.jp/group/index.nwz?act=do_search&q=%E7%94%BB%E5%83%8F%E4%BA%A4%E6%8F%9B



友達募集中!!メールとか出来る人とか画像交換出来る人とかも探してるよ!!
可愛い画像交換しましょう!なんでもOKさっwグループにどんAはいってくださー...
などなど、大変にぎやかです。自分で作った画像限定としている良識派も一部いますがね。

著作権で禁止されてる画像交換も、10人だけなら、個人として... ってのまでみかけちゃいました。複製についてならばそれで通じるかもしれませんが、公衆送信には当てはまりませんよお嬢ちゃん・・・。


最後に、「画像交換掲示板」とぐぐってみる。(ページの一番下までご覧ください)
だれだ、こんな単語でぐぐってうちのサイトにくるやつは!?ヽ(`Д´)ノ カエレ!
posted by 世梨子 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

著作権保護期間の延長について思う

著作権保護期間は、日本における現行の著作権法では原則として作者死後50年となっています。しかし現在、この保護期間を50年から70年に延長するという案が出ています。
保護期間の延長、それはすなわち著作権者が権利行使できる期間が長くなるということ。つまりは、「著作者が得をする」ということ、そして「利用者が損をする」ということです。単純に考えて。

この「著作権保護期間の延長」で、まず連想するのがアメリカのケースでしょう。
ご存知の方も多いと思いますが、アメリカの有名なネズミのキャラクターの著作権保護期間が切れそうになる時期に、二度に渡って「保護期間を延長します」という法改正がなされました。おかげさまでこれらの法律、影ではミッキーマウス法と呼ばれているそうですが。
こういう背景がアメリカにあるからか、日本でも根強い期間延長反対の声が聞こえています。利用者の側から考えれば、ごもっともなことです。
(各国の著作権保護期間の比較はこちら

ただ、著作権者側から考えてみれば、インターネットで著作物がいとも簡単に複製され二次配布されてしまうご時勢、ならば保護期間を延長してくれと言いたくもなりましょう。ただし、他にも権利保護のための手段はあります。コピープロテクト技術の向上、MDやCD-Rなどのメディアの値段アップなどです。

ところで、「死後50年」という期間はどのような意味合いによって定められたものなのでしょうか?
私の手持ちの本「著作権の考え方(栗本薫/著)」によれば、「著作者による恩恵をその孫まで受けることができるように」という考えから制定された、ということになっています。
もしこれを、この先も保護期間制定の理由としつづけるのならば、将来に向けて保護期間は徐々に延長させていく必要があります。人間の寿命は徐々に長くなり、同時に平均的な結婚年齢も高くなってきています。子と親の年齢差、孫と祖父母の年齢差が拡大していることを考えると、(保護期間を何年延長させるのがふさわしいのかは分かりませんが)確かに延長されるべきなのではないでしょうか。

しかしながら、保護期間切れになりそうになるたび法改正によって延長、延長、また延長・・・とやられるのは、フェアではないでしょう。私も強くそう思っています。
思うに、「著作物の保護期間は、その著作物が作られた年の法律によって定められる」とした方がよいのではないかと思います。「死後70年にしてもいいけど、それは『法律ができた後に作られる著作物』に適用される保護期間だよ」と、そういうことにしてもらいたいのです。
だいたい、自分の著作物が自分の死後何年保護されるのかぐらい、著作者本人だってちゃんと知っておきたいと思うのではないでしょうか? 作品発表後の著作権保護期間が56年から75年、75年から95年と延長され、世間の人がブーイングしている光景を、果たして故ウォルト・ディズニー氏は予測していたと思いますか?

私は著作権保護期間の延長に賛成します。ただし、それは既存の著作物に対するものではなく、未来の著作物に対するものとしてほしいと思います。




■青空の行方/なにゆえの著作権保護期間70年延長か
■小泉総理に、渡邊美佐名誉会長、朝妻一郎会長が直接書簡を手渡す
オノ・ヨーコ、リサ・マリー・プレスリーさんが著作権保護期間延長を要請

posted by 世梨子 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | CURURU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

更新しました

■CURURUの無断転載対処マニュアルを更新しました。
「被害者へ30の質問」に、いただきました回答を1件UP。
それから、あいさつ掲示板およびコメントの「ともだち以外の書き込み拒否」機能の追加に伴い、サイト内の数箇所を訂正しました。

■パクられ画像の情報交換掲示板を更新しました。
すべての掲示板について、外部へのリンクを禁止としました。
posted by 世梨子 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 別サイト:対処マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

友だち以外の書き込み・コメント拒否

ここまでくると、もはや加害者に声をかける手段は皆無です。CURURUユーザーに自作品を無断転載された方、被害者に直談判するためにCURURUのIDを取得しても、正直無駄かもしれませんよ。

【機能改善】あいさつ掲示板の書き込み・コメントの設定(06.9.19)
今まであいさつ掲示板の書き込み制限は「匿名書き込み・コメントを拒否する」のみ設定することができましたが、この度「友だち以外の書き込み・コメントを拒否する」の設定ができるよう、項目を追加いたしました。


あいさつ掲示板に書き込むことも、記事にコメントすることも、ミニメールを送ることも、「友だち」に登録されていないユーザーにはできないというわけです。
常々CURURUは閉鎖的な場所だと思っていましたが、ここまできてしまうと笑うしかないというか・・・まんじゅうさんも言われていましたが、使い方を間違うと寂しいことになりそうですね。

ま、とにかく無断転載は加害者ではなくNHN社に対処要求しろと。そういうことなのでしょう。自分で仕事を多くしてどうするんでしょうか、まったくNHNの過保護っぷりには驚かされます。
posted by 世梨子 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | CURURU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。