2006年10月30日

スクリーンショットと著作権

無断転載被害についての証拠とするため、私はスクリーンショットを取ることをオススメしています。これは、無断転載に限らず、荒らしでも何でもあらゆるネットトラブルにおいて有効であると思います。

スクリーンショットは改変が可能なので、大した証拠能力を持ちません。HTMLファイルも同じです。裁判など本格的な場所で証拠を示すには、サーバー管理会社からログを提示してもらうしかありません。
しかし、事情を他者に説明するとき、またサーバー管理会社からログを提示してもらうときのことを考えると、ないよりはあった方がいいです。そう、いうなれば「証拠(仮)」のようなものです。


さて、話を元に戻しまして。
そのスクリーンショット撮影の際、忘れてはならないのは、「スクリーンショットで撮影する対象は、人の著作物である」ということです。

そこで考えてみたいのですが、これらスクリーンショットを撮る行為、さらにそれを第三者に開示する行為について、著作権法上どのような問題があるのでしょうか? 私たちは何に気をつけなければならないのでしょうか?


ここでは、いくつかのQ&A方式で解説をしようと思います。


■Q1.
スクリーンショットを撮ること自体は、著作権侵害になりますか?


いいえ。著作権侵害にはなりません。

スクリーンショットをとることは、「著作物の複製」となります。
しかし、スクリーンショットを撮って自分のパソコンに保存する、この段階では「私的使用のためのコピー」(第30条)と解釈することができるため、著作者に了解をとる必要はありません。

ただし、この私的利用の範囲を超える場合は、著作者の了解が必要です。
ネット上にアップロードする行為も、複製(公衆送信)とみなされますので、著作者の了解が必要です。(例え、誰かにアドレスを教えていない、閲覧者がゼロであっても、アップロードした時点で著作権侵害行為となります)


■Q2.
無断転載現場のスクリーンショットを、サイトに載せる予定です。
被害者さんの情報を募ったり、被害者さんに分かりやすく現場の様子を伝えるためのものにしたいのですが、事前に了解が得られない場合は、これも著作権侵害でしょうか?


あなたの考え方次第です。

原則として、著作物の複製許可は事前に得るのが理想ではありますが、このように事前に了解を得ることが困難な場合もあります。
また、このスクリーンショット掲載行為は著作者の利益を図るものであり、著作者からの了解を得ることができる可能性は極めて高いと考えられます。
このような判断は法的に下されるものではありませんが、一般常識に基づく感覚として「事後であっても著作者の意向に背くことはないだろう」と考えることができます。

つまりは、「事後了解でも大丈夫だろう」という考えのもと、これらの行為を著作権侵害ではない、と判断しているわけです。
しかしながら、これらは絶対ではありません。なので、著作権侵害であるか侵害ではないかの判断は、自分自身で判断し、自分で責任を負わねばなりません。


■Q3.
無断転載現場のスクリーンショットを、サイトに載せる予定です。
転載日や転載者、転載サイトの様子などを沿えて、現場の様子を分かりやすくまとめて人に伝えたいと思っているのですが、著作者の了解は必要でしょうか?


掲載の仕方によっては、引用とみなすことができます。
なので、著作者の了解は必ずしも必要ではありません。

引用とは、自分の著作物の中に「添える」目的で、他人の著作物を使うことを指します。あくまでも自分の著作物が「主」であり、そこに含まれる他人の著作物のみで構成されてはいけません。

引用の定義について、著作権法(第32条第1項)には以下のように定められています。
(1)主従関係が明確であること
(2)引用部分がカギ括弧などで明確になっていること
(3)引用する必要性があること(装飾性などは対象外)
(4)引用部の出所を明示すること(表示しない場合は罰則が科せられます)

これらの条件に適合する場合は、転載ではなく「引用」として、著作者の了解を得ずに著作物を利用することができます。
ただし、自分がしようとしている行為が本当に「引用」としての条件に合致するかどうかの判断については、自分で責任を負わなければなりませんのでご注意を。


■Q4.
警察に、無断転載事件を告発するつもりです。
あらかじめ撮ってある無断転載現場のスクリーンショットを、証拠として警察の方に見せようと思っているのですが、これも第三者への開示ということで、私的利用の範囲を超えますよね?
著作者の了解を得なければ、著作権侵害となってしまうのでしょうか? 中には、加害者の発言を含むスクリーンショットもあるのですが。


いいえ。著作権侵害にはなりません。

理由は、それを見せようとしている人は限られた人数の警察官だから。
つまり、「公衆」「不特定多数の人」に見せようとしているわけではないので私的使用の範囲から外れない、ということです。

また、著作権法第42条に定められている「『立法』『司法』『行政』のための内部資料としてのコピー」としての例外事項が適用されます。警察の捜査は「行政」の範疇にあるそうです。



もし他に質問などあればお寄せください。
posted by 世梨子 at 19:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

無断転載への対策事例

とある無断転載事件についての対処経験公開サイトをご紹介します。

某極小規模サイトで起こった無断転載の話 (陵しえる様)
http://silver-werewolf.hp.infoseek.co.jp/temp/ihan/

陵しえる様はオリジナル絵中心のイラストサイトを運営されています。
この件では陵しえる様を含めた複数人の方の作品が、加害者である「光星 綺羅璃」氏の姉の作品として無断転載されました。

(「盗作」「作者詐称」という表現を陵様は使われていませんが、作者詐称とは「著作者の名前を偽って著作物を頒布する」ことですから、私はこれを作者詐称行為であると考えています。)

興味深いのは、被害者である陵様がこの件を警察に通報している点です。
ただの警告のみに終わったようですが、相手が未成年であろう点も含めて、加害者である少女は保護者から厳重な注意をされたであろうことが推測できます。

私も幾分か、自分のサイトとブログに警察への通報方法について記していますが、あくまでも第三者としてのコメントしかできていませんでした。陵様の顛末サイトは、実際に被害を受けた著作者本人がいかに行動するかについて、非常に参考になると思います。
posted by 世梨子 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

月末までの更新停止報告とお礼

先月末、マニュアルサイトで配布している30の質問への回答をお寄せ下さった方、誠にありがとうございました。
近頃は管理人があちこち出かけているため、サイトやブログの更新ができていません。今月末以降に、サイトに掲載させていただく方針ですので、しばらくお待ち頂ければ幸いです。

ここから下は、回答提供者さんへの私信とコメントです。本当は、頂いた回答をサイトに載せてからにしようと思ったのですが、事情がありまして先に掲載させていただきます。

続きを読む
posted by 世梨子 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

通報したけど返信がない

無断転載について通報するメールを出しても、返事が返ってくる確率はそう高くありません。私の場合は(細かく数えているわけではありませんが)五分五分といったところでしょうか。

返事がない理由はいくつか考えられます。サイトが放置されている、同様の報告メールが大量に届いていて返信する余力がない、作者に無断転載に対処する気がない、あたりが妥当な線でしょう。


「返事がないからもう一度連絡した方がいいだろうか」「何か言い方がまずかっただろうか」と、誰もが一度は思い悩んだことがあると思います。私も活動を始めたばかりの頃、返信がないときは「私のメールに何か失礼があっただろうか」と疑心暗鬼になりました。

しかし、これは考えても仕方のないことだ、と思うのです。その人は返信をしない人なのだ、私は一度報告をしたのだから、自分にできることはしたのだから、ということで、さっさと次の人に報告をしようと今では考えています。

「相手の役に立ちたい」というのが私の活動エネルギーともいえる気持ちですが、押し付けても迷惑なだけでしょう。もし私が何かお手伝いできるのならば、そのときは相手からメールなどで求められることでしょう。
私のエネルギーも時間も無尽蔵ではありませんし、私は私のできる範囲で行動すべきだ等と考えた末の結論が「返信なしの件は放置する」ことなのです。


私は、通報メールのテンプレートの最後に次のような一文を入れています。

なお、最後になりましたが、本件について既にどなたかからご報告がありました場合は申し訳ありません。その場合はこちらのメールについて、返信などは一切必要ありませんので、お気遣いなきようお願い申し上げます。

ご不明の点ありました場合は、当方までお問い合わせ下さい。お力になりたく思っております。


こうしておけば、相手から返信がない理由を「私以外の方からも報告があったからだ」と(仮にではありますが)しておけますよね。
無理やりな感じもありますが、こうしておくことで自分を納得させられますし、もし本当に同様の報告メールが大量に届いていた場合、失礼を詫びることができます。
というわけで、この一文は通報活動をされている皆さんに是非ともお勧めしたく思っています。


蛇足ですが、この「通報したけど返事がない」の、もう1つ手前の障害というものもあります。「通報したいけど連絡手段がない」というものです。
無断転載サイトを見つけた、被害サイトも探し当てた、でも連絡先が見つからない!というのは、通報人にとって蛇の生殺し以外の何物でもなく・・・・・・

この記事を読んでくださった皆様も、今一度自分のサイトの「連絡先」について確認していただけると嬉しいです。
ついでながら、本人様に見ていただける確率ほぼ0%の私信をば。


■今月に活動を再開された某アニメ壁紙配布サイト様へ
メルフォまたは掲示板の設置をお願いできないでしょうか。唯一残された連絡手段がブログ記事へのTBというのは・・・・・・ちょっとそれはできかねます。

■更新が6月以来停止している某クラエア小説サイト様へ
BBSがデッドリンクになっています。サイト内拝見しましたが、メルフォもメアドも見つかりません。web拍手でメッセージを送っていますが、これの履歴は2週間で消えてしまうとか・・・・・・。

■某Bleachイラストサイト様へ
サイト内に記述されているメアドに送っても、メールが返ってきてしまうそうです。今一度、ご確認くださいませ。


(もしアレですよ、連絡先を示すつもりがないのならば、サイトのどこかに「連絡先はありません」と書いては頂けないものでしょうかね? 我々としては、サイトの隅々まで探す労力が省けますので/涙)
posted by 世梨子 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

韓国NAVERブログについて

こそっとたくみんさんちにリンク。
http://diary.cururu.jp/10hansukidakara/80003201723

この韓国のNAVERブログでの問題も看過なりません。
たくみんさんは同人方面の方なので、上はその方面の記事ですが、前に記事にしたとおり被害に遭っているのはファンイラストだけではありません。
web素材もイラストもあるなら、当然Flashやら動画やら音楽やらもあるんでしょうよ。(まさか小説が翻訳されて無断転載されているとは思いませんが)


一度、韓国のNAVERブログにも潜入して中身を見てやりたい気分ですが、今はちょっと手一杯。だれかやってくださらないものでしょうか。
posted by 世梨子 at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

二次創作(パロディ)サイトが、警察の力を借りる方法

二次創作をされている方々は、著作権侵害被害に遭われたとき、自身の持つ著作権の範囲の狭さを考え、「大きな顔はできない」と考えられる方が多いようです。
自分の作品が無断転載されたとき、それが自分が自分自身の手で生み出した作品であるにもかかわらず、自分の権利を大に主張することができない、他人に訴えることができない、それは何とも心苦しく、辛いことなのでしょうか。


定められた制限を越えることは許されません。
しかしそんな中でも、できるなら許される範囲の最大限まで権利は活用するべきですし、それを模索していくことは非常に大切なことだと思います。


タイトルにもあるように、ここでは「警察」という強制力、そして威圧感ある存在の力を借りる方法について述べようと思います。

続きを読む
posted by 世梨子 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

被害者が取るべき方法の是非

「無断転載された、さてどうしてくれよう?」

ここでの選択肢とは、実に様々なものがあります。そしてどれを選択するのか、それを決める要素も様々です。
・あなたの最終目的(放置する、無断転載をやめさせる、謝罪を求める・・・)
・あなたのサイト作品の著作権保持者(オリジナルなのか、パロディなのか)
・あなたのサイト作品が何か(イラスト、小説、Flash、アイコン素材・・・)
・あなたのサイトの性格(物静か?、トラブルをお祭りと呼んで騒げるタイプ?・・・)
・あなたのサイトの客層(子供、大人、2chネラー・・・)
・あなた自身の性格
・あなた自身のネットスキル、トラブル対応スキル
・相手のサイトの性格
・相手のサイトの客層
・相手がどのような人間か(年齢は?性格は?ネットスキルは?)


もしあなたが、トラブルが嫌いな繊細な人ならば、対処は慎重に行うべきでしょう。
ヒートアップしやすい客層を前に、無断転載されていた事実を公表するのは好ましくないでしょう。
ホームページを開設したての初心者ならば、無理をするのは止した方がいいかもしれません。
そのジャンルの年齢層が低かった場合は、ガキを相手に神経を削る覚悟をした方がいいでしょう。



対処法の数は果てしないほどあります。
続きを読む
posted by 世梨子 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IP取得方法

いざ、CURURUユーザーに無断転載をされたとき、あなたの選択する対処法の中に「自サイトへのアクセス禁止処置」というものがあります。しかし、この場合は無断転載をしている人間のIP情報が必要です。
また、行為がエスカレートした場合に通信プロバイダへ対処を依頼するときも、相手のIPやリモートHOSTを把握する必要がでてきます。

そう、往々にして無断転載者のIPが必要になるわけですが、では如何にしてそれを取得すればいいのでしょうか。
主な取得方法として、「該当者が書き込んだ掲示板のログをチェックする」「該当者が送ってよこしたメールのヘッダを解析する」などがあげられます。

しかしながら、どうもCURURUユーザーはメールや掲示板書き込みをするケースが少ないようです。
黙ってサイトを訪問し、黙って作品を盗っていき、黙って作品を掲載する。
電波交じりのメールをよこされるのも精神衛生上よろしくありませんが、まったく音沙汰なしというのも困ったものです。

続きを読む
posted by 世梨子 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

作者詐称事件を警察に告発

作者詐称行為が非親告罪であり、著作者ではない人でもコトを警察に告発することができる。
このことについては、前回詳しく述べた。
【コラムモドキ:作者詐称行為は犯罪である】
http://pears.seesaa.net/article/5001821.html

今回は、私が実際に警察に行き、CURURUでの作者詐称行為を報告したことについてレポートする。



まず、この自分の解釈について、本当にそれで正しいのかを確認。
手持ちの本に紹介されていた無料相談窓口、社団法人著作権情報センターへ問い合わせた。

電話には中年男性らしき方が出てくださった。
まず著作権法についての質問をしたいと伝え、ネット上の作者詐称行為を私が警察に告発することは、可能であるかどうかと質問。
答えはあっさり「できます。」。
作者詐称の例として、阪神の応援歌作者詐称事件に触れて説明してもらった。
この事件も、もとの発覚は第三者だったらしく(なにせ著作者不詳らしいので)警察に持っていけば調査してくれる、持ち込まれた話について警察は調査を行う義務があるから・・という話。続きを読む
posted by 世梨子 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

Q&Aページを検討中

【無断転載対処マニュアル】http://www.geocities.jp/naver_problem/

「その他」のページをつぶして、「法律・用語」のページに変更しようかと思っていましたが、やっぱり「Q&A」ページにしようかと。

今のところ、アバウトに以下のような感じで検討中。

・引用と転載の違いは何ですか?
・公衆送信権とは何ですか?
・友達公開は誰でも見れる状態じゃないんだから、個人利用の範囲になりますか?
・プロバイダ責任法って何ですか?
・パロディ同人サイトをやっておりますが、私の作品に著作権は発生しますか?
・「スクします」「無断スク禁止」ってどういう意味ですか?
・ユーザーがよく言う「ハンゲ」って何ですか?
・IDを持っていない人は、具体的にどのようなことができますか?/できませんか?
・いわゆる年齢制限付きの作品を無断転載されました。普通作品の場合との違いは?
・ID取得を考えています。どの程度の個人情報をNHNに開示することになりますか?
・サークル機能での著作権侵害行為とはどのようなものがありますか?
・著作権について、公式機関での相談窓口を教えてください。
・親告罪とは何ですか?
・どういう謝罪を求めるのが普通ですか?


加えて欲しい質問がありましたら、コメントまたはメールからどうぞ。
posted by 世梨子 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

「CURURUの無断転載対処マニュアル」リニューアル・オープン

先月初頭に休止、大幅改装宣言を出しておりましたが、
何とか無事にCURURU対応の無断転載対処マニュアルが出来ました。
これでなんとか、この夏を乗り切りたいところ。
http://www.geocities.jp/naver_problem/

大変お手数ですが、リンクして下さっている方は、
サイト名修正、またバナーの修正をお願いいたします。


誤字脱字リンク切れなどありますが、徐々に修正していきます。
また、内容についてご指摘など頂ければ、本当に嬉しいです。

今のところ考えているのは、「その他」のページの内容があんまり重くないので、
いっそ無くして「用語・法律」てな感じのページにしようか、とか。

大概のページには、手を入れています。(コラムと30の問題・回答除く)一度見たという項目も、もしかしたら変わっているかもしれませんので、ちらっと見て頂ければ幸いです。
posted by 世梨子 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

著作者代理人の削除申請

(前記事「著作者以外は削除申請できない」の続きになります)

 著作者が直接削除要請を行うことが出来ない場合、著作者の許可を得た上でその代理として、削除申請などの処理を行うことはできるはず。(訴訟の代行などは、弁理士などに限られてくるようだが)
 著作者が許可を出した以上、代理人の発言は著作者の発言と等しい意味を持つ。

 しかしながら、NHN社は代理人からの申請を受け入れない。

 お絵かき掲示板やコンテストの管理者から見れば、このNHN社の返答は理解に苦しいものであり、著作権保護に対する意識が欠如したものであると取られる。当然である。権利者から許可を得ている以上、彼らの出した削除申請は受け入れられられなければならない。



 さて、実際に私が代理で削除申請を行ったのは、2004年11月、NAVERブログがスタートして半年になる頃だった。

「著作者に削除代理を行う許可は得てある。」
「あのイラストはA氏の著作物であり、氏のサイト(サイトURL)に実際に掲載されている。」
「早急に記事を削除し、ユーザーに対ししかるべき処理をして欲しい」

とのメールに対し、NHN社は
「掲載許可が著作者から出されているかもしれない」
「精巧に似せたものかもしれない」
「本人の申請じゃないと、当社は調査しない」

と返答した。


続きを読む
posted by 世梨子 at 17:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

著作者以外は削除申請できない

 私は「お絵かき掲示板での事件の場合」の対処として、サイトに「管理者が一括して削除申請を行うとスムーズ」と掲載した。その後、同様の事件の舞台となったコンテスト主催者(管理者)より事情を聞き、間違いに気づくことができた。
 この場を借りて、訂正を行うと共にお詫び申し上げます。


 NHN社は、著作者の代理人からの削除申請を受け入れない。

 これだけ見てみれば「そんなことは当たり前だ」と思われるかもしれないが、案外これは私達の身近な場所で、個人運営サイト管理人の頭を悩ませる種となる。

 イラスト・小説・Flash等のコンテンストから無断転載された場合がそれである。
 「コンテスト」と言ったが、これは単に「多人数の作品が並んでいる場所」ということが言いたいだけだ。つまり、お絵かき掲示板なども当てはまる。

 他人の主催するコンテストやお絵かき掲示板に自分の作品を掲載しても、その作品の著作権は作った人物にある。(著作権を移譲ずるという規約がない限り)
 逆に言えば、コンテスト管理者は著作権を持たない。
 つまり、管理人は自分の主催するコンテストやお絵かき掲示板から作品が盗まれても、法的には何の権限も持たない。非常に心苦しい事実であるが、管理者は出品者に事件を伝え、出品者がNHN社へ個々に削除申請をするよう伝えるしかやることはない。


 また、小規模だがもう一つのケースとして、「自分のサイトに掲載しているもらい物」についての場合がある。無断で転載された際は、贈り主に事件を伝えて、削除申請を行ってもらう。贈られた側はコンテスト管理者同様、事態を傍観するしかできないわけだ。



 さて、ではサイト管理者が削除申請を行う術はないものなのだろうか。これの解決法としての案はある。著作者から許可をとって申請を代行して行うことだ。

 しかし、実際のところこれを行うのは非常に難しく、NHN社に対してはまず不可能であると思う。
 この続きは、また次の記事で。
posted by 世梨子 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

無断転載をされたら

 自分の著作物が無断転載された。
 このような場合、私は被害者に対して、NHN社に削除要請を行うことをおすすめしている。(もちろん、先にキャプチャー・プリントアウト等によって証拠を残した上で)

 通常ならば、まずこういった要請は実際に無断転載を行っている本人に出すものだろう。そして、それで話が通じない(もしくは無視される)ようならば、サービスを提供する会社(NHN)に要請を出す。
 
 私が、あえてNHN社への削除要請をすすめ、加害者本人へのコンタクトをすすめない理由は以下の3つである。

 ・加害者の能力の問題
 ・CURURUのシステム上の問題
 ・上記2点の複合問題

順を追って説明する。


続きを読む
posted by 世梨子 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 対処法の検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。