2007年11月03日

サイトを閉鎖することについて

前半は、サイトを閉鎖することについてのいい訳。
後半は、サイト閉鎖後も残しておきたい最低限の無断転載対処マニュアル。


2007年12月を持って、「CURURUの無断転載対処マニュアル」サイト内のファイルを消去します。

結局だらだらと先送りにしていました。申し訳ないと思う反面、「自分のサイトですから自分がやりたくなれけばやらなくってもいいんだ、自分の都合でさせてもらうさ」という気持ちでもあります。ただ、お世話になった方々はたくさんいらっしゃいますので、その方々に余計な心配をおかけしたのではと思っております。

どうにも、最近文章を作ることへのモチベーションが低下しています。何か書こうと思い立っても、その文章が完成するまでに時間がかかりすぎます。書きかけのテキストファイルばかりが溜まっている状況です。メールも満足にチェックしておりません。申し訳ありません。

それだけといえば、それだけです。病気というわけではありませんし、何かトラブルがあったわけでもありません。今まで、著作権がらみの活動の中でトラブルに巻き込まれて退場を余儀なくされた方を見てきました。(その方自身に問題があった場合・なかった場合を含めて)
当時、自分もあのようにズタボロになって退場する日もあるのだろうかと思っていましたが、案外スムーズにフェードアウトできているようです。大変喜ばしいことだと自嘲しております。

あれをやりたい、これをやりたい、そういう気持ちはあります。ですが、今はまだ気持ちだけです。
気持ちに行動力が伴うことになれば、また何かをはじめると思います。またお会いしましょう。

そういえば、随分前に☆著作権☆さんのニセモノらしき輩が徘徊していましたね。
結局顔の見えない相手です、ホンモノでもニセモノでも、大した差はありませんよね。
『 その役割さえちゃんと演じてくれるのであれば 』
この点において、☆著作権☆さんを名乗った輩は力不足だったと思います。
私たちにとっての彼女とは、その名前だけの存在ではないのですから。

で、当の私が演じたものはなんだったかしら?と、今自問しています。





さて、ここからが後半です。


まず、証拠の確保です。とはいっても、相手のサイト(ブログ)をHTMLファイルとして保存しても、大した証拠にはなりません(ないよりはあった方がいいですが)。いくらでも編集が可能ですからね。まずできる最大のことは、今のあなたのその状況をノートにしたためること。日記があるのならそれに書きましょう。日時、場所、気付いたこと、その全てを「紙」という媒体に記録してください。これが、その場でできる最善の方法だと思います。
その無断転載を放置するつもりであったとしても、記録はとりましょう。あとで必要になる場合もありますし、とった記録を読み直すことで客観的な判断をしやすくなります。自分の感情を落ち着かせることもできるでしょう。そう、くれぐれも感情的な判断は禁物ですよ。

相手に無断転載をやめるよう促すのもいいですが、相手が子どもだったり著作権を知らなさそうだったり、つまり明らかにレベルが低いことが分かるのであれば、接触を取ることは避けるべきです。
Webサービスの提供側(企業)に対処してもらうことが良いでしょう。君主、危うきに近寄らず。

それと、そのブログの利用規約を読みましょう。ユーザーが著作権侵害していた場合についての項目が必ずあります。そしてそこには、企業側の意図が反映されています。
「著作権者が連絡くれれば、企業側が削除しますよ」とか「そういうことはユーザーと著作権者が解決してね、企業は責任もてないよ」とか、いろいろ書いてあります。
企業側に削除を要請するときにも、「利用規約○条に書いてあったよ」と添えると説得力が増しますし。

それと、先に覚悟しておいて下さい。いま、著作権者の力は非常に微弱です。個人であればなおさら。
世間のほとんどの方は、著作権が何たるかを知りません。「ウェブ上に公開していたのなら、パクられるの当たり前でしょう」という人もいます。ことを大きくにしても、得られるものはそう大きくありません。
価値観の大きく異なる人を相手にすることや、見知らぬ人から敵意を抱かれることは、想像以上のストレスをあなたに与えるでしょう。
ストレスのあまり、筆が持てなくなったクリエーターもいます。彼らを相手にすることよりも自分の技術を磨くことに時間を割きたいと考え、自サイト内のギャラリーを閉鎖したクリエーターもいます。
あなたの選択はあなたのものです。くれぐれも、慎重な判断をして下さい。
posted by 世梨子 at 16:25| Comment(34) | TrackBack(0) | CURURU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

マニュアルサイトを閉鎖しようかと

CURURUの無断転載対処マニュアルを閉鎖します。
理由についてはいくつかあります。最近まったくと言っていいほど更新ができていませんし、メールも放置状態です(これについては申し訳なく思っています;)。
また、これは仕方のないことなのかもしれませんが、サイト内容について自分自身納得のいかない部分がでてきました。間違いは修正すればいいのですが、なにぶんその時間がありません。
間違った情報が自分の署名付で、WWWの波に乗って世界にばら撒かれているという事実は私には耐えられそうにありません。
もちろん、たとえ部分的に間違っていたとしても、ないより残っていた方がマシという考え方もありそうです。でも、WWW上に情報なんていくらでもありますし、これからも情報は出てくるはずです。

今月末でスクラップ機能廃止ということで、時期的にもちょうどいい頃合いだと思っています。
閉鎖に当たっては、できるだけきちんと後始末をしていきたいと思っています。一応の目標としては、三ヶ月後あたりを考えています。
サイトのTOPにも、閉鎖に当たっての断り書きを書く予定です。
posted by 世梨子 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

CURURUのスクラップ廃止、6/21に決定

【予告】「スクラップ機能」の廃止のお知らせ(6月21日実施予定)

3月末に予告されていた「スクラップ機能の廃止」の、具体的な日付が発表されました。
6月21日以降、スクラップ機能をつけた記事を作成することはできなくなります。(スクラップによって複製された既存の記事は「友だち公開」となり、全体公開の設定にすることはできなくなっています。既に。)

スクラップ機能廃止の理由に当たっては、3月末のお知らせでも著作権やユーザー間のトラブルを挙げていました。今回のお知らせでもくり返し、「『著作権・肖像権』の権利侵害」「お客様同士のトラブル」を挙げており、その結論としてのスクラップ機能停止であると言っています。


私は、NAVERブログ開始当初からのユーザーです。
スクラップ機能に関する議論は、NAVERブログが開始された2004年6月から、長きに渡り行われてきました。この議論に、一応の終止符が打たれるのだと思うと感慨深いものがあります。

スクラップ機能はなくとも、著作物の転載や著作権侵害記事の複製は行われます。ですが、あの「スクラップ」というテキストボタンひとつの有無によって、様々なユーザーのブログライフが左右されてきたことは間違いありません。

今後、記事を転載するときはボタンひとつというわけにはいきません。
しかし、手間が増えるとしてもソレは些細な量です。ですが、その些細な量の作業を行う間に、記事を転載することの意味について、一人一人のユーザーが考える時間をもつことができるのではないかと私は思うのです。
posted by 世梨子 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(7) | CURURU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

法改正で親告罪じゃなくなる?

あんまりちゃんと読んでませんけど、タイトルだけ見てビックリしたんで貼っておきます。

たけくまメモ:とんでもない法案が審議されている
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_b72f.html
(記事作成者の竹熊健太郎さんについてはこちら

竹熊さんは二次創作関連の心配をされているそうですが、どっちかというと私は二次創作よりも、ファイル交換ソフトや画像交換サイト、動画投稿サイトなどの方が先に標的になると思います。だって、加工されているものよりもまったく加工されていないものの方が、第三者でも判断しやすいじゃないですか。

たぶん、これがめでたく法案化された暁には、警察とかが自主的にバシバシ取締りを始めていくんでしょう。手続きとかが非常に楽になるはず。

同人作家の衰退(?)については・・・でもね、私ぶっちゃけ、営利目的で二次創作やっている人のこと、あんまり快く思えん。某脱税同人作家のニュースは結構頭にきたし。
二次創作はあくまでも一人前になるまでの準備運動じゃないの?本当に実力ある人なら、オリジナルでも十分やっていけるはず。

もちろん、この話が本当ならボチボチとやってるピコな二次創作者が泣きみるような可能性も、確かにあると思う。でも、現実的に考えて・・・さすがにそこまではないでしょ、と思います。
だいたい、非親告罪になっちゃうと、あっちこっち別の場所から1つのことについて調書が作られたりしちゃったりするんじゃないの? 非親告罪になったとしても、それには何かしらの条件がつくはず。(著作者の親族とか関係者とかだけに認められる、とか)
posted by 世梨子 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

スクラップ機能廃止予告

CURURUが、スクラップ機能の廃止を予告するお知らせを発表しました。

(2007/3/30)【予告】「スクラップ機能」の廃止について

お知らせでは、機能停止の日付やこれまでのスクラップ記事をどうするかなどの、具体的な内容については触れられていません。しかし、スクラップ廃止の結論を出した背景やCURURU事務局の考えなどが丁寧に書かれているような印象を受けます。

事務局としましても、このスクラップ機能の件に関して、慎重に慎重に議論を重ねてきました。
その結果、100人の人が「便利」と思う機能があっても、そのことによって1人でも「被害」をうけるのであれば、この1人の「被害」を何より重くとらえ対策すべきであり、その解決方法に“停止”しかないのであれば、“停止”をするべき、という指針を持つに至りました。
(おしらせより引用)


この100人とはCURURUユーザーのことだと思います、そしてこの1人とはCURURUユーザーではない人であると私は思っています。スクラップ機能によって著作権を侵害されたクリエーターの多くは、非CURURUユーザーです。スクラップ機能とは、内輪には歓迎されて外部の人間には疎まれる、そういう存在だと私は思っています。
「100人の利便性よりも1人の財産権を優先したい」と言ったCURURU事務局ですが、彼らの行為は「自分たちの顧客のニーズよりも、社会のニーズを取る」ことなのではないかと私は思います。そしてこれは、とてもすばらしい決断であると思います。

なお、CURURUユーザーを対象としたスクラップ機能に関するアンケートでは、廃止に賛成が167票、反対が95票となっていました。
もちろん、スクラップ機能は継続させたまま被害を減らす方法を模索する声もありました。しかし、スクラップ機能の廃止はCURURUの多くのユーザーに歓迎されると思います。

良い結果となって現れることを期待しています。
posted by 世梨子 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(1) | CURURU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

3/14にメールくださった方へ

パクられ掲示板のメールフォームから、「連絡はこちらでよろしいでしょうか」というタイトルのメールを送ってくださった方、申し訳ありません。メールを読まずに削除してしまいました。
大変お手数ですが、再度メールを送ってくださると幸いです。

それから、数件の情報提供メールをいただいています。順次対応していきたいと思いますので、お待ち頂ければ幸いです。未対応のものも、全て目は通してあります。
posted by 世梨子 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おふくろさん」問題

久しぶりの更新です。

新しいニュースではありませんが、最近の著作権がらみの問題といえばこれ。
「おふくろさん」騒動の真の被害者
勝手に歌詞を変えて歌われたので著作者が怒り、歌手に歌うなといいつけた事件です。
歌詞を変えたといっても、歌の前にセリフを挿入しただけであって全体的な雰囲気はそう損なわれていないようにも思えるのですが(といっても私はよくこの歌を知らないのですが)、著作者から見たらご立腹ものだったのでしょうか。
報道を見ていると、どうやら著作者は歌手の態度が気に入らないとか、そういう感情的な内容もあるように見受けられます。
しかし、双方とも感情的になりすぎているような感がありますね。何もJASRAC引っ張り出してこなくても、マスコミ呼んでまでコメントしなくても、と思うのですが。
著作権的な問題としても例が少なく、なかなか興味深い話題なのかもしれませんが、法的な問題よりも業界的な問題の方が気になってしまいます。
posted by 世梨子 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 著作権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

27日にメール下さった方へ

27日15時頃にメール下さった方。
メールアドレスが無記入だったためこちらでお返事します。

まず、私はCURURUの関係者ではありません。私のサイト及び私からのアドバイスは、CURURUならびにNHN社とは無関係ですので予めご了承ください。

CURURUのID取得についてご検討中であるとのことですが、仰られている「パソコンの請求書」が何のことなのか分かりません。ですが、CURURUは無料のサービスなので、CURURUの名前が載った請求書などが届くようなことはないと思います。また、私自身もそのような経験はありません。
詳しくは、CURURUサポートの方へ問い合わせることをお勧めします。
posted by 世梨子 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

(本)「どこまでOK?」迷ったときのネット著作権ハンドブック

「どこまでOK?」迷ったときのネット著作権ハンドブック
中村俊介 著 翔泳社 1,680円+税

JOCOSOの齋藤さんがおすすめされていたことと、以前からサイト「しゅんしゅんの著作権講座」を拝見していたことが、この本を買った動機です。
著者である「しゅんしゅん」氏こと中村俊介氏は、あの著作権に厳しいことで有名なディズニーのファンサイトを以前運営されていたそうです。著作権に関するサイトを立ち上げたのも、このファンサイトを巡ってディズニー社とやり取りした経験があってのことだそうです。
「ネットユーザーを対象とした本」とだけあって、実用面から言えばピカイチです。
サイト「しゅんしゅんの著作権講座」内の掲示板で、様々なネットユーザーから寄せられた生の質問を元にした、Q&Aの大変分かりやすい体裁でまとめられています。初歩的な内容だけかと思いきや、とんでもない。Q&Aでまとめられた前半の後には、「まじめなあなたのための、ちょっと本気の著作権講座」なるものがあり、著作権の中の細かい権利や引用、掲示板カキコやリンクなど、サイト管理人であれば一度は悩むことについて、分かりやすく解説されています。

発行は2006年1月で、内容はとても新しいです。ドッグイヤーと称されるネット事情ですから、この「新しさ」はとても大切だと思いますね。ただ、初版だけあって誤植や少し意味が汲み取りにくい文章などがありました。しかし、それがあったとしても分かりやすい内容に変わりありません。

個人的には、章の間にポツポツと入っているコラムが楽しかったです。ディズニーの著作権が厳しいことの逸話として有名な「卒業制作で書いたディズニー絵が消された話」の詳細や、「本当にあった、タレント事務所から賠償請求されたサイトの具体的な話」など、かなり興味深い内容でしたね。

著作権については、前にレヴューを書いた書籍「著作権の考え方 (栗原薫/著)」のようにコンテンツ業界の内情などに言及することはほとんどなく、もっと実用的な(表面的な)内容が多く詰められているように感じました。
この本と同じような傾向のものを扱う著作権サイトは結構あるように思えますが、その量や読みやすさ、何より「どんな人が書いたのかが分からないサイト」よりも断然信用性が高いというのが素晴らしいと思います。
(中村氏は法学士で、監修をされた植村氏は知的財産の本を出されている弁理士さんです)

この本はサイト向けなのですが、今後はブログ向けの本が出てきてくれたら、と思いますね。ブログもサイトの一種なので、この本でも使えます。ですが、私は「ブログ用」の本があってほしいと思うんです。
でも、この本の帯に「日本初!ネットユーザーの視点で書かれた〜」とあったところを見ると、あと5〜10年くらいは待たないと、ブログ著作権本は出てこないんじゃないかと思います。はぁ。
断然必要だと思うんですけどね。いろんな芸能人が書いていたり、初心者の利用も増える一方だし。・・・Yahoo!ブログの転載機能とかが紹介されていたら面白そうなのに(笑


「どこまでOK?」迷ったときのネット著作権ハンドブック
4798109428中村 俊介 植村 元雄

翔泳社 2006-01-14
売り上げランキング : 35126

おすすめ平均star
starコンテンツの利用の仕方
starありそうでなかったネット著作権の必読書。
star非常に分かりやすいネット上の著作権解説書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 世梨子 at 16:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 推薦書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

マニュアルのリニューアルについて

世梨子の管理するサイト「CURURUの無断転載対処マニュアル」をリニューアルに向け、サイト作りを行っています。公開予定は2007年4月です。

更新がこまめにできていないサイトで申し訳なく思っています。CURURUは脈々と変化し続けるサービスですので「最新情報はブログで、整頓した情報はサイトで」というスタイルをとっているつもりです。

さて、2006年11月にスクラップ機能が大きく変更されました。これによって、今後のCURURUにおける著作権トラブルのスタイルも大きく変わってくるであろうと思います。また、韓国版NAVERブログやYahoo!ブログ、JOCOSOについても、ブログで多少扱うようになってきました。しかし、断片的なものばかりでその内容が閲覧者に伝わりにくいのではないかと感じています。
完璧なものを作ることはできません。ですが、現時点での自分の中にあるものを、再度まとめ直したいと思っているのです。

主な変更点として、次のようなものを考えています。

■サイトの3層化
掲載情報が増えつつあります。情報の選別は必要ですが、わたしとしてはより多くの情報を載せることで、多様な著作権トラブルに対応できるマニュアルを作りたいと考えています。そこで、サイトの構造を三重に構える予定です。

■CURURU以外のサイトについて
上にも挙げた「韓国版NAVERブログ」「Yahoo!ブログ」「JOCOSO」の3つについて、CURURUと共通する点をもつ問題として、1ページずつ簡単にその概要を解説します。共通する部分と共通しない部分を整頓することで、当マニュアルサイトを他に応用することの手助けとしたいと思っています。


この他にも、簡単なアンケートを設けてみたいと思っています。
私のこのマニュアルサイトには、掲示板を設けていません。掲示板の設置により、著作権トラブルに対する対処方法を話し合う場を作ることができれば嬉しいのですが、私にはそれを管理する余力はありませんし、運営の仕方も分かりません。また、設置によって起こりうるトラブルを、私はよーく理解しています。
しかし、訪問してくださった方々が何を考えられていて、まだどのようなトラブルに遭ったことがあるのかについて、私は大変興味があります。アンケートならば、管理もそう難しくないだろうと思うのです。
これを考えたのは、二次創作娘のためのアクセスアップ講座さんのアンケートページを拝見してからです。「あ、これいいな」と思いまして。

2005年に作ったあのサイトが、今の自分にとって満足のいかないものになっている。その不満足さとは、自分の成長具合の現れであると思います。
あの頃に比べ、私は多数の著作権についての本を読んで勉強しましたし、またいろんな方々と知り合いお話をお伺いすることができました。そこで得たものを、新しいサイトに現すことができればと思っています。
2007年も、成長を続けれる年であればと思います。サイト閲覧者の方々、ブログにコメントを寄せてくださる方々、CURURUでお世話になっている方々、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 世梨子 at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 別サイト:対処マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。